結婚できない女性が「片づけが苦手」な納得の理由5つ

2016-06-19 12:00 配信 / 閲覧回数 : 144 / 提供 : 東京独女スタイル / タグ : 女子力 恋愛 結婚


 

 

「計画性がない」から

 

ゴールから逆算した順序立てができないと、結婚やその後の生活は難しくなりがち。素敵なお話しがあっても「まだ結婚したくない」とズルズル流れてしまい、気づいたら周りの友人が次々結婚していく・・・という恐ろしい事態になりかねません。

 

何事も「あとでいいや!」と後回しにばかりしてしまう人は「無計画」なのが原因。そして、その無計画さが結婚できない理由にも、片づけできない理由にもつながります。

 

結婚も片付けも、長い目でコツコツと積み上げていくもの。短期決戦で終わらせようとするから自分の負担も大きく、結局飽きてしまったり、途中で放り投げてしまったりするのです。面倒な片づけを避け、自己管理ができない女性に舞い込んでくる、うまい結婚話はそうそうありません。

 

【原文を読む】結婚できない女性が「片づけが苦手」な納得の理由5つ

 

JESSIE

 

「自分に甘い」から

 

目の前の誘惑に勝てず、ついつい楽な方へと逃げ込んでしまう女性も、婚活に苦しんでいる様子。なかには「結婚相手は私に全面的に合わせてくれる人がいい~」といって、自分で全く合わせる努力をしていない猛者もいます。

しかし、相手のことを考えて、地道にでも「変わろう」と思える女性は、男性から高ポイントの様子。片付けをせずに放置している女性は、誘惑に負けやすく、自分だけがよければいいと考えやすい傾向があります。

 

また、他人の話をあまり聞かず、自分の損得だけを考えて行動することも特徴の一つ。掃除しない理由として「自分で何をどこに置いたかわかるようにしている」と言う人は、その典型といえます。自分本位なのも、「これくらいでいいや」と妥協してしまうのも、自分に甘いため。お互いを高め合う関係を受け入れないため、結婚相手に対して変に妥協してしまう危険性もあるようです。

 

「優先順位が立てられない」から

 

仕事、趣味、友人関係・・・世の中には大事なことがゴロゴロ転がっています。どれもとても大切ですが、その時の自分に何が一番大切なのか、きちんと「優先順位」を考えられない女性は、結婚は難しいかも。それは、彼のことを大切に思うべき時に間違った選択をしてしまったり、彼とケンカした時などにおかしな理由を口走ってしまったりする可能性があるからです。

 

掃除ができない人は、大抵の場合「物が多い」という特徴が挙げられます。これは、なくしたら困る大切なものも、捨ててもかまわないただ置きっぱなしにしているものも、基本的に同じ場所に固めてしまうため。まさしく物の優先順位がつけられず、きれいな部屋も結婚も遠ざかってしまっている状態なのです。

 

「都合のいい女」だから

 

自分のために率先して行動し、きちんと考えて行動できる女性ほど「結婚」をつかみ取ります。結婚できない女性は総じて、自分を卑下し、自分自身を大切に扱わない人。そのような女性は男性から「安い女」と思われてしまいます。自分自身で自分を高められない女性が魅力的に見えないのは当然かもしれません。

 

掃除に対しては、自分に対する「都合のよさ」を発揮。どれだけ汚くしようが「自分の生活には支障の出ない、無関係なこと」として捉えてしまいます。自分の部屋さえ大事に考えられない人が、他人から大事に思ってもらうのはとても難しいもの。カラダの関係ばかり結んで清算できず結婚できない女性に、掃除や片づけが苦手な女性が多いのもこのためといえます。

 

「一人の空間が心地いい」から

 

誰からも邪魔されず、自分の好きなように暮らすことに至福を感じる女性は少なくありません。しかし、結婚とは相手の男性とライフスタイルをすり合わせていくもの。そのことに嫌悪感を抱いて、婚活をお休みして趣味に没頭する独女もいるのではないでしょうか。

 

そして、おひとりさまを脱したくない女性の大多数が苦手意識を抱くのが「片づけ」。すべてそのままに放置された、ある意味「ありのまま」の部屋をこよなく愛するうちに、掃除しにくくなってしまったのでしょう。その住みやすい部屋も、他の人から見れば「ただの汚部屋」ということを自覚するだけで、味方が変わってくるかもしれませんよ。

 

どうしても掃除が苦手な人は、まず自分でルールを作ってみて。「一日一か所は片づける」「毎週水曜日はいらない書類を捨てる日」など、簡単なものから徐々にハードルを上げていきましょう。ひとつひとつこなしていくことで達成感を感じ、ググッとヤル気もアップするはずですよ。

 

また、部屋を整理整頓することで、今の自分を客観的に見つめ直すこともできます。「今の自分にこれは必要か」「この服は本当に似合うのか」など、既にあるものを精査すると、本当に必要なものが見えてくるのではないでしょうか。

 

何か新しいことを始めたい時には、今あるものを手放す必要もあります。これから婚活に本腰を入れたいなら、今までの自分自身を振り返る意味でも、思い切った断捨離をしてみて。手放したもの以上に、今まで舞い込まなかったような幸せも訪れるかもしれませんよ。

 

文・東京独女スタイル

 



最初の記事前の記事東京独女スタイルが書いた次の記事最新の記事

最初の記事前の記事ノベルカテゴリー次の記事最新の記事

カテゴリー