一生ボクの部屋にいて!「嫁候補」に踊りでるお家デートテク10選

2016-07-12 12:00 配信 / 閲覧回数 : 796 / 提供 : 東京独女スタイル / タグ : モテテク 女子力 結婚


 

嫁候補はちょっとした「手土産」を持参する

 

初めて彼の家に遊びに行くのであれば、当然ちょっとした手土産を持参するはず。ですが、慣れてきてからもこういった心配りは大切です。毎回では彼に余計な気を遣わせてしまう可能性もありますが、彼の好みを押さえた好物を持参すると喜ばれます。

 

渡す際は、「はい、お土産!」と手渡しするのではなく、「これ一緒に食べようと思って!」と言うと、さりげなく謙虚な印象です。

 

【原文を読む】一生ボクの部屋にいて!「嫁候補」に踊りでるお家デートテク10選

 

JESSIE

 

嫁候補は「お邪魔します」の一言を忘れない

 

これも当然といえば、当然。お付き合いしている彼とはいえ、「他人様のお家にお邪魔している」わけですから、この一言はお忘れなく!

 

最初は当たり前のように口から出るこの一言も、慣れてくると自然に忘れてしまいます。「我が物顔」で入るなんてことがないように意識しましょう。

 

嫁候補は「靴」をきちんと揃える

 

しゃがんで靴を揃える仕草は、とても女性らしい動き。一歩下がって男性を立てる、「古き良き奥さん像」を彼にイメージさせることができます。

 

また、礼儀やマナーの点でも◎。ご両親からきちんとした教育を受けて育ったのだなという良い印象を与えることができます。

 

嫁候補は必ず「手洗い」をする

 

これもエチケットとして常識かもしれませんが、必ずやりましょう。自分では汚れているという意識はなくても、やはりお気に入りの家具は清潔な手で触ってほしいと思うもの。

 

潔癖気味の彼の場合は、マストな行動です。

 

嫁候補は「手伝う姿勢」を見せる

 

洗濯物を畳んだり食器を洗ったりといった行動。男性は、それらの行動のスピードや効率の良さだけを見ているのではありません。彼らが気にしているのは、彼女がそれらを率先して手伝う気持ちがあるかということ。

 

彼のお家に遊びに行った際は、とりあえず自分のことは後回し。携帯などには極力触れず、彼が求めていることをいち早く察知できるようアンテナを張りましょう。

 

嫁候補は「役割分担」をする

 

女性は「共同作業」を苦にしない生き物。一緒に洗い物をしたり、野菜を切って料理の下準備をしたりと、お喋りしながら一緒に手を動かすことで、二人の絆もより深まると考えます。

 

ですがこの考え、合理主義の男性にはNG!彼らは、「自分が洗い物をしているときは机を拭いてほしい」「自分が野菜を切っているときは、他の準備に取りかかってほしい」と考えます。これはあなたの親切を嫌がっているわけではなく、そのほうが合理的に物事を進められると考えられているから。

 

人によって考え方は様々。彼の性格を見極めることが大切です。

 

嫁候補は「余計なこと」をしない

 

これも非常に重要なポイント。こだわりの強い男性は、それがどんな理由であれ、部屋という自分の城を荒らされることを苦手とします。良かれと思ってやっていたことも、彼にとっては「ありがた迷惑」だったなんてことになりかねません。

 

「どうなんだろう?」と迷ったときは、必ず彼に聞いてから行動に移すようにしましょう。

 

嫁候補は部屋を「褒める」

 

部屋のレイアウトやインテリアにこだわる男性には効果的です。「このソファ座りやすいね」「この机オシャレ!どこで買ったの?」など、褒め言葉は大袈裟なものでなくてOK!自然と会話に織り交ぜてみましょう。

 

こだわり派の彼は、一緒に住んだときに彼女との趣味が合わず衝突するのを恐れています。「趣味が似ている」と思わせることは、彼を安心させることにも繋がるというわけです。

 

嫁候補は彼より「早起き」する

 

これはお泊まりの場合。朝に強い女性は、男性にとって好印象です。朝は早起きして、時間になったら彼を起こしてあげましょう。パパッと簡単な朝食を用意できたらベストです。

 

彼は朝から活動的なあなたを頼もしく思い、「いい奥さんになりそうだな」と想像を巡らせます。間違っても、「朝は機嫌が悪い」といった悪印象を残さないようにしましょう。

 

嫁候補はさり気なく「置き手紙」を残す

 

極めつけはこれ!「置き手紙作戦」で彼の心を掴みましょう。内容は、「今日も楽しかった。居心地が良くてついくつろいじゃいました」など、ポジティブなものであれば何でも構いません。「居心地の良さ」をアピールすると、彼も「また呼びたいな」と思ってくれるはず。

 

彼の見ていないタイミングを狙うのが難しいところではありますが、普段口に出して言うのは恥ずかしいことも、手紙では不思議と素直になれるもの。是非試してみてください。

 

彼のお家に遊びに行くとなると、普段のデートでは見られない意外な一面を発見することも。頻繁に遊びに行くようになれば、自然と結婚後の生活だって想像できちゃいます。

 

これらを意識して、彼のハートをがっつり掴んじゃってくださいね。

 

文・東京独女スタイル

 



最初の記事前の記事東京独女スタイルが書いた次の記事最新の記事

カテゴリー