だからアンタはモテないの!「残念女子」にありがちな5つの残念行動

2015-09-16 12:00 配信 / 閲覧回数 : 884 / 提供 : 東京独女スタイル / タグ : モテテク 恋愛 男性心理


 

「でも」や「だって」という言葉をやたら使う

 

言い訳がましい人間は周りから見ても格好悪いものです。相手の話をさえぎって「でも・・」「だって」「だけど」「だから」なんて言葉をつい口に出していませんか?

 

話の流れをさえぎって否定に入ってしまう、こういった言葉を好む人は少ないでしょう。誰だって、相手のためになればと思って話しているのに、それを頭から否定されたら嫌な気持ちになりますよね。

 

恋愛上手になるには「話し上手」よりもまずは「聞き上手」になることが大切です。 反対意見を言うにしても、相手の話が一段落するまで耳を傾けてあげましょう。

 

【原文を読む】だからアンタはモテないの!「残念女子」にありがちな5つの残念行動

 

JESSIE

 

お酒との付き合い方が下手

 

酔っ払いと言えば「ネクタイを頭に巻いたサラリーマン」を想像する人が多いと思います。しかし、性別を問わず酔っ払いはカッコ悪いものです。

 

「気づいたら道路で大の字になって寝ていた」なんて目も当てられません。若気の至りならまだしも、良い大人がこれではダサいですよね。自分が飲める量を知った上で、お酒とは良い付き合いをしていきましょう。

 

 

会話のキャッチボールが下手

 

言葉にはその人の個性が出ますが、言葉の積み重ねである会話ならなおさらです。話が面白い人は「この人面白そうだな」と興味を惹かれ、印象も良くなります。

 

「私、口下手だから・・・」と不安になる方もいるでしょうが、大きな心配はいりません。会話とは「ただ一方的に喋ればいい」というものではないからです。

 

「話がうまい」「面白い」と感じる人の喋りは、内容が面白いことはもちろんですが「聞き手が参加できる部分」があります。自分だけが話し続けるのではなく、相手がうなずいたり、話したりする時間も適度に挟むよう意識すると会話のキャッチボールが弾みます。

 

「ありがとう」や「ごめんなさい」が言えない

 

全ての男性がお礼を言って欲しくて、見返りを求めて行動しているとは限りません。しかし、相手のために何かやってあげたのに、それを当たり前のことのように捉えられればいい思いはしないでしょう。

食事をおごってもらったときも「ありがとう」「美味しかったよ」と一言付け加えるだけで印象はアップします。「ありがとう」と同じく「ごめんなさい」と言えないのも、残念女子の特徴です。自分が悪いのに謝らない女性は「なんて高飛車な奴だ」と思われ、男性は離れていくでしょう。

 

食べ物の好き嫌いが多い

 

食べ物の好き嫌いも個性の1つですが、これが多すぎるのも困り物です。一緒にご飯を食べに行っても、「野菜はイヤだ」「魚もダメ」とあまりに文句ばかりだとゲンナリ。メニューを選ぶのにも苦労しますよね。せっかくの楽しい食事も「お前といると疲れる」と思われ台無しになってしまいます。

 

また、食べ方が汚い女性も要注意です。カッコいい女性は、立ち振る舞いもカッコいいもの。「クチャクチャと音をたてて食べる」「テーブルにひじをつけたまま食事をする」「口に物を入れたまま喋る」といった癖がある人は直しましょう。

 

ルックスだけでなく、男性は中身でも女性を見ています。残念女子を脱出して、ステキ女子を目指しましょう。

 

文:東京独女スタイル

 

 



最初の記事前の記事東京独女スタイルが書いた次の記事最新の記事

カテゴリー