アンタ正気!?「年収1000万円男」のすさまじい口説き方3つ

2016-03-26 12:00 配信 / 閲覧回数 : 813 / 提供 : 東京独女スタイル / タグ : モテテク 恋愛 男性心理


 

口説き方1「とにかく分析する男」(32歳/CEO)

 

「1年前に合コンへ行ったときのこと。男女構わずとにかく人の事を分析したがる男性がいました。占い師ばりの喋りで『今の仕事満足してないでしょ?』『〇歳までに結婚したいと思ってるよね?』『3人兄弟の1番下でしょ』など、自分の分析力を少しも疑わない様子。ちなみに、全然当たってません。極めつけには、『僕のこと、ちょっと良いとか思ってるでしょ』と言われました・・・」

 

コンサル業や会社のCEOに多い「分析男」。自分の意見が1番正しいと思っている人に多く見られます。親しい友人の言葉ならイラッとはしませんが、その日会ったばかりの初対面の男性にいきなり「君って〇〇でしょ」と決めつけられ、分析される筋合いはありませんよね。

 

また分析男には、「こういう女性は自分のことを好きになる」と思ったらそれを疑わないため、勘違いされると面倒なことに。こちらがどんなに苦手なオーラを出していても「いいね、君のこと気に入った」などといって好意を示してくる、上から目線な分析男も。いやいや、あなたに好かれても何も嬉しくありませんから!

 

【原文を読む】アンタ正気!?「年収1000万円男」のすさまじい口説き方3つ

 

JESSIE

 

口説き方2「海外暮らしとウソつく男」(37歳/石油関係)

 

「少し前に告白してきた人の話。仕事がほとんど海外で行われるため、シンガポールに家を持っていると言っていました。日本に帰ってきている時は必ず連絡をくれたので、その度に会っていたのですが、ある日海外に居るはずの彼と渋谷でばったり遭遇。そのときは『弾丸旅行で1日だけ帰ってくる用事があって、連絡できなかった』と言っていましたが、彼の行きつけのバーに1人で行って話を聞くと、3日に1回は飲みにきているとのことでした」

 

「海外暮らし」と言えばモテると思っている男性は多いもの。しかし、それが嘘か本当なのかは、なかなか確かめられませんよね。海外に行っているときの写真を要求したら断られたり、ごまかされたりしたら、注意したほうがいいかもしれません。

 

海外暮らしが嘘だとしたら、石油関係の仕事というのもなんだか疑わしく思えてきますね。一体、お前は何者なんだ!


口説き方3「”君を金で買いたい”と言っちゃう男」(35歳/弁護士)

 

「先輩の紹介で出会った人なのですが、会った時から『好き』と言われていました。私がなかなかなびかない様子を見て『お金の力を使って君を僕のものにしたいから、マンション買ってあげようか』『いくらあげれば愛してくれる?』と言ってきた彼。お金で何とかしようとする姿勢に唖然としました・・・」

 

お金を持っているのはとても良いことですし、モテる要素の一つ。しかし「お金の力で君の愛がほしい」と発言してしまわれては、例えその人を好きになったとしても「自分がお金に目がくらんだと」認めることになってしまいます。こんな風に言われたら「馬鹿にしないで!」と思ってまう女性も少なくないのではないでしょうか。

 

本当にモテるお金持ちは、それを武器にしない人。お金があるからって、どんな女性もモノにできると思ったら大間違いだぞ!

 

世にはびこる「ありえへん男」。年収1000万円も超えてくると、その規模もまた大きくなってくるのかもしれませんね。

 

 

文:東京独女スタイル

 

 

 



最初の記事前の記事東京独女スタイルが書いた次の記事最新の記事

カテゴリー