質問別!女子会シングルハラスメントを華麗にかわす5つのテク

2016-07-16 12:00 配信 / 閲覧回数 : 791 / 提供 : 東京独女スタイル / タグ : 女子力 恋愛 独身女性


 

「いつ結婚するの?」

 

彼氏がいるけれど、結婚の予定がまだないときに、既婚の友人から聞かれがちなのがこの質問。特に明確な返事ができないとき、ちょっと答えに困りませんか?もし早く結婚したいと焦っている時に質問されたら、今の状況を詳細に話し出すと深刻になりがち。

 

こんなときは、「どうだろう?私が知りたいよー!」のただ一言がいいかもしれません。冗談半分に、はぐらかしてみましょう。明るく笑って話題を終わらせることができるので、雰囲気が悪くなることもないでしょう。

 

【原文を読む】質問別!女子会シングルハラスメントを華麗にかわす5つのテク

 

女子会

 

「なんで結婚しないの?」

 

既婚者からすれば、結婚していないことに対して、無意識に理解が難しくなってしまう友人もいます。なかなか結婚をしない友人に対して、単純に「どうして結婚しないのだろう?」と心配し、質問をぶつけてくる人もいます。

 

悪気はないだろうけれども、これくらいストレートな質問には、「憧れるけれど、今の生活も仕事とか充実しているから、当分はこのままでいくよ!」と楽しそうに答えるといいのではないかと思います。

 

友人は、心配で質問してくれていることが多いもの。楽しそうな顔ではっきりと答えると、その後矢継ぎ早に重ねて質問されることもないでしょう。

 

「(結婚を肯定して)結婚したらどこに住むの?」

結婚すると、どんなに仲の良かった友人でも、住む場所がだんだん散り散りになっていきます。すると、自然に次は独女が将来どこに住むかが気になって話題に上がります。

 

もし「結婚したらどこに住むの?」と聞かれた時は、まずは「すぐに結婚するとは限らないよー」と返答しましょう。既婚者は、自分が結婚を肯定してしまっていること、結婚することが当たり前であるという偏った考えをしていることに気づくのではないでしょうか。

 

彼氏がいる独女は、なぜか結婚や出産を前提に話が進められてしまうことが多いもの。「何か決まるまで、できればそっとしておいてほしい」と思うのが乙女心ではないでしょうか。

 

「子供は欲しいの?」

 

既婚者の友人は、結婚したら次のステップである「出産」のことで頭がいっぱい。自然に友人には共通の話題を求めてしまいます。

 

女子会で「〇〇ちゃんは子供欲しい?」という質問が出てくることもありますが、まだ結婚も決まっていないのに、子供が欲しいかどうかを無邪気に答えられる独女は多くないかも。

 

この質問を受けて困ったことがあるなら、今後は「〇〇ちゃんは最終的には何人欲しいの?」と質問返しをするのが有効です。質問返しをしてみると、既婚者友人は言いたいこと、思っていることがたくさんあるはずなので、トークに花が咲くはず。質問返しは、この質問以外にも応用できる、円滑な対応方法なのです。

 

大好きな友人と気まずい雰囲気になるのは辛いもの。何気ない会話に過敏にならずに上手く交わして、女子会を円滑に、楽しく過ごしていきましょう。

 

文・東京独女スタイル

 

 



最初の記事前の記事東京独女スタイルが書いた次の記事最新の記事

カテゴリー