【連載小説】Rizu〜風俗嬢の恋〜<第7話>

2013-11-30 20:00 配信 / 閲覧回数 : 1,508 / 提供 : 櫻井千姫 / タグ : Rizu 第7話 連載小説


<第7話>

 

裕未香は煙草片手に携帯をいじっている。ピンクと赤のラインストーンを貼り付け、自分で作ったデコ携帯。電池蓋の裏側にはひとつ年上でホストをやってる彼氏のプリクラが貼ってあること、あたしは知ってる。

 

Rizu

 

「彼氏とメールしてるの?」

 

「うん」

 

「いいなぁ、彼氏とか同棲とか」

 

「理寿も作ればいいじゃん」

 

その「作る」ってことがどれだけ難しいかわかってないわけじゃないだろうに、あっさり言ってくれる。

 

瞼の裏に長野の田舎にいた頃寝た、何人かの男の人たちの顔を思い浮かべてみる。

 

たぶんもう会うこともない、すれ違うことすらないであろう人たち。

ちっとも寂しくない。もし彼らの中の一人にでも恋していたら、こんな時に恋愛小説の一節のような「胸が切り裂かれるようなせつなさ」なんてものを感じたりするんだろうか。

 

「あたし、わかんないんだよね。男の子を好きになるってことが」

 

裕未香が携帯から顔を上げて、眉をひくりとさせた。

 

無理もない。十二、三歳の子どもならともかく、十八歳にもなっていてペニスをしごくことを職業にしている女の台詞じゃない。

 

「だから憧れる、恋って」

 

「そんなこと言ってさぁ、理寿だって付き合ったことぐらいあるんでしょ? そうじゃなきゃこんなバイトしないし」

 

「一応はね。でも好きなのかどうか、最後までよくわかんなかった」

 

「何それ。小悪魔だなー、理寿は」

 

裕未香が笑って言って、また携帯をいじりだす。

 

互いに必要とし合い、離れていてもずっと繋がってたいと思える。

 

あたしもいつかは裕未香みたいに、そうやってちゃんとひとを好きになれるんだろうか。

 

 

 




カテゴリー