泡のように消えていく…第四章~Sumire~<第52話>

2015-05-10 20:00 配信 / 閲覧回数 : 956 / 提供 : 櫻井千姫 / タグ : Sumire 泡のように消えていく… 連載


 

JESSIE

 

<第52話>

 

「たしかにあの時あの瞬間、すべてを失ってもいいと思った。その通りすべてを失って、でも、ハルくんは戻ってこなかった……。恵まれてたのに、友だちにも家族にも。恋なんてしなくても、十分なくらい。わかってなかったわけじゃないのに。バカよね」

 

「そう? そういうもんじゃないの?」

 

白い煙を吐き出し、雨音さんが言う。

 

雨音さんが吸っている煙草はラッキーストライク。ハルくんのジーンズの後ろポケットにいつも入ってたのと、同じ銘柄だ。

 

「あたしは、家族とか普通の生活とか、そういうものがよくわかないんだけど。ただ、この業界それなりに長いから、あんたに似た人はよく見るよ」

 

「ちょっと極端過ぎる例じゃない?」

 

「まぁね。あんた、その男刺したこと、後悔してないでしょ?」

 

「してないよ」

 

どれだけ後ろ指を刺されたってすべてを失ったって、わたしはわたしのしたことを決して後悔しない。たしかにわたしがハルくんを殺したことで悲しんだ人はいて、その人たちには心から申し訳ないと思う。

 

でも、ハルくん自身には、ちっとも悪いとは思わない。

 

あの人がわたしを弄ばなければ、もっと違う生き方ができたはずだ。

 

とはいえ、罪は罪なのであって……。

 

「雨音さん。わたしが犯した罪って、何年も世間と隔離されたり、大事な人たちとの繋がりを失ったり、みんなに責められたりすることじゃチャラにできないの。初めての本気の恋をあんな形で終わらせちゃったから、死ぬまで他の人を好きになれないかもしれない」

 

「今でもそいつが好きなんだ?」

 

頷いた。

 

憎くて、そして、愛おしいハルくん。自分自身でハルくんを壊したことで、自分の中にハルくんを永遠に閉じ込めてしまった。

 

ハルくんは今でもわたしの真ん中を真っ黒に満たしていて、他の誰かが入る隙間なんてない。

 

 




カテゴリー