Yumika〜風俗嬢の恋 vol.2〜<第1話>

2013-12-10 20:00 配信 / 閲覧回数 : 1,062 / 提供 : 櫻井千姫 / タグ : Yumika 連載小説 風俗嬢の恋


 

 

<第1話>

 

 

JESSIE

 

ホストの統哉は昼夜逆転の生活を送っている。

 

ピンサロで働いているあたしも昼夜逆転っていったら昼夜逆転だけど、店のワゴンで送ってもらって帰ってきたらすぐシャワーを浴びて、午前二時には寝る。そして午前中のうちに起きる。

 

対して統哉は、アフターの後始発で帰ってきて、世間一般の労働者が起き出す頃にベッドに潜り、午後の三時とか四時に起きてるみたいだから、昼夜逆転のレベルが違う。

 

一緒に住んでる割に会話が少ないのはしょうがない。

 

今日は真っ昼間、十二時からの出勤。化粧をしてすっかり準備を整えてから忘れ物を確認するように、ベッドの中でタオルケットにくるまってる統哉を振り返る。枕元にはお客さんからのプレゼントだというあの世界的高級ブランドのストラップがぶら下がった、黒いボディの携帯。なんとフリップが開きっぱなしだ。間違えて踏んづけでもしたらどうするつもりなのか。

 

一瞬迷ってから、なるべく足音を立てないようにしてベッドに近づく。すうすう寝息を立ててる統哉は携帯が拾い上げられるのに気づきもしない。緊張はするけれど、罪悪感はない。何度同じことを繰り返しただろう? 後ろめたい気持ちなんて、とっくに麻痺していた。

 

ホストだから当然とはいえ、受信ボックスには女の子からのメールばっかり。どうしてこんな、背が低くて顔も平均的な、いたって普通の男の子がここまでモテるのか謎だけど、女の子たちのメールには愛の弾丸のようにハートマークが飛び交っている。

 

女のメールのハートマークに意味なんかない、何も考えずにただ使っているだけ。

 

そうは言うものの、赤いハートを見つけるたび、あたしの心臓はいちいち過敏反応する。あたしだって、統哉にハートマークたっぷりのメールを日常的に送っているんだ

 

 

 




カテゴリー