シリーズ<叫び>エピソード3「ヒモ」〜第16話〜

2015-08-14 20:00 配信 / 閲覧回数 : 988 / 提供 : ヴィクトリカ・ゾエ・キレーヌ / タグ : ヒモ 連載小説 <叫び>


 

JESSIE

 

 

 

 

 

<第16回>

 

たまに会う学生時代の友だちはほとんど結婚していて、子ども2人、3人は当たり前だ。

 

あの美嘉だって去年ついに、バツイチ子持ちの年上彼氏と結婚して、いきなり中学生のママになっちゃったくらいだし。

 

同年代の友人たちが続々結婚し、家庭を築いていく。

 

そんな中あたしは30歳を過ぎて、甲斐性のない彼氏のため、夜の仕事をしてお金を稼いでいる。

 

ハタから見れば、これ以上なくバカなことをしているだろう。

 

娘が東京で真面目なOL生活を送っていると信じ込んでいる実家の親に知られたら、親戚じゅう巻き込んで大騒ぎになるに決まってる。

 

当然、啓太のことはまだ親に紹介できていない。

 

「俺さ、名古屋行くんだよね」

 

いつものように回春を開始しようと、背面から太ももの内側へ手を這わせかけたところで、唐突に言われた。自然、指が止まる。

 

「えっ、それって」

 

「要は転勤だよ。前言わなかった? うち、建設だから結構多いんだよね、特に俺みたいな独り身はあちこち飛ばされる」

 

「じゃあもう、会えなくなっちゃいますね」

 

「寂しい?」

 

「寂しいですよ、そりゃ」

 

本気でそう思っていた。

 

これで上客がひとり減るとかそういうことじゃなくて、気心知れて、啓太の悩みも話せて、悲しいこと苦しいこと、待機室ですら言えない風俗嬢的鬱憤を打ち明けられる人が1人、あたしの周りからいなくなってしまうことが、悲しかった。

 

「じゃあさ、一緒に来ようよ」

 

 

 



最初の記事前の記事ヴィクトリカ・ゾエ・キレーヌが書いた次の記事最新の記事

カテゴリー